スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年冬アニメと2016年夏アニメの注目作。

あいり(私のおすすめを教えてあげる)

こんにちは。

年配の社員が次々と定年で辞められていくのに、人員を補充しない
経営者の判断でてんやわんやしています。

今年一年今のところはここ数年で忙しくなるのは決定のようですので
昇給やボーナスに期待したいところですな。


2016年冬アニメ感想

今期は全体的に高クオリティな作品が多かったので非常に見応えがありました
ただ、作品のレベル差が如実に感じられたという面もあります。

さて、そんなことより今期でのお気に入り作品をご紹介。

僕だけがいない街

こういう話を綺麗にまとめるのはなかなか難しいものがあるのではと?
最終回が陳腐な出来にならないか心配していましたが、期待以上の出来で
スッキリと視聴できてアニメ組としては満足な出来栄えでした。

視聴する前や中盤までは悲劇的なラストを想像していましたが
最後までしっかりと視聴していてよかったと思えた作品は久々です。

と個人的には今期トップクラスの「僕だけがいない街」
このタイトルの意味合いと悟の人生をかけたストーリーを
ぜひとも味わっていただきたいので未視聴の方は御覧ください。


この素晴らしい世界に祝福を!

主人公らしくない主人公と、頭が残念な女神様。街にいる冒険者からも頭のオカシイと
評される爆裂魔法の使い手にドMなお嬢様騎士と濃いメインキャラに負けず劣らず脇を
固めるサブキャラたちが光り輝いていた作品。

作画はともかく、笑いのテンポが良く、それにしつこくないので最後まで
飽きずに視聴することが出来ました。

10話という尺の短さが不満ですが、2期が決定しているようですので
次回は12話まであることを期待したい。

ただ、この作品はスタッフと声優陣の息があったからできた奇跡の作品といっても
過言ではないので2期でも同じように出来るのかがちょびっと不安。


昭和元禄落語心中

僕が初めて聴いた落語は「芝浜」で、最初聴いた時は映像がないので
なにが面白いんだろう?と不思議だったのですがだんだんと引き込まれて
しまい、最後にはホロリとしたのを記憶しています。

そこからニワカではありますが、落語ファンとなった僕としては落語を題材にした
アニメというのはうまくいくのだろうか?と心配でしたけども、そんな心配を吹き飛ばし
ただただ、毎週この作品を楽しみにしていた僕がいました。

本気で落語を描きながらもメイン2人を含む人々の切なくも暖かい人間模様を
中途半端にならずにしっかりとストーリーを練り込んだスタッフさんには頭が下がる
思い出いっぱいです。

また、メインの声優陣も落語好きな方々を起用しているだけあって、落語シーンでは
演目の登場人物が目に浮かぶような臨場感がありました。

萌アニメやサスペンスアニメなど様々なジャンルのアニメが溢れる現在。
それぞれ楽しませて頂いていますがやはり漠然と足りないような気持ちでしたけども
その穴を埋めてくれたのは本作でした。

誇張でもなんでもなく、アニメの可能性、アニメだからこそ伝えられるものがある。
そういうのをあらためて感じた作品です。

ただ、ひとつだけ不満を言わせていただくと落語のシーンでのBGMが大きすぎる
印象があり、ちょっと不満でした。


2016年春アニメの注目作

2016年冬アニメが豊作だった反面、春アニメは期待薄になるのでは?と
心配していたとおりになりそうなラインナップでちょっと残念です。

その中で、僕が面白そうだな。。と感じているのは以下の作品。


概要:個性豊かな3人の女子高生と周囲の人達がおりなすドタバタコメディ。

本作はあの「未確認で進行形」の原作者である荒井チェリー先生の4コマが原作となっています

制作は未確認で進行形や月刊少女野崎くんを手がけた「動画工房」ですので、今までの実績を
鑑みるとこういうギャグテイストな作品はハズレがないので楽しみにしています。

それに、実力のある新人声優さんを起用することにも個人的には定評がありますので
そういう面でみてもこっそりと期待していたりします。



概要:大戦の火種がくすぶる昭和12年。帝国陸軍によってスパイ養成部門。
D機関が密かに設立された。この機関でスパイ活動に必要なあらゆる技術を身につけた
諜報員によるスパイミステリー。


本作の名前を聞いてどこかで聴いたことのある名前だな。。と思っていたら
柳 広司先生原作の小説だったんですねぇ・・

そういえば、D機関シリーズの原作を購入していたのですが
いまだに1冊も読んでいない。。

さて、スパイという影で活躍するものたちを描くのは難しいと思うんですよね。
表舞台で活躍するのとは違い、陰日向でひっそりと行動する彼らの姿を
どういう風に魅せてくれるのか?スタッフの手腕に期待した。

ストーリー的にもこういうダークな雰囲気をもつ作風は結構好きなので
なかなか楽しめそうです。



概要:納鳴村と呼ばれる幻の村へ向かうツアーで参加した30人の男女。
それぞれ胸に秘める思いを抱きながら辿り着いた先で起こる出来事とは。。


迷い家と聞くと、柳田国男の「遠野物語」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
かくいう僕も真っ先に遠野物語が頭をよぎりました。

無欲なものと強欲なものへの教訓を我々に伝えようとしたと思われるこの「迷い家」
本作ではどのような意味で用いられるのでしょうか?

様々な思惑をもって納鳴村へ辿り着いたものたちの人間模様と謎が謎をよぶ
ハラハラ・ドキドキする展開に楽しみにしています。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「僕だけがいない街」から「片桐 愛梨(かたぎり あいり)」ちゃん。

2016年冬アニメの感想でも書きましたけども、今期の中では1位、2位を
争うクオリティーの高さを見せてくれた本作。

欠点がないとは言いませんが、今までのミステリ、サスペンス系統のアニメは
終盤で失速することが多い印象でしたけども本作は最初から最後までしっかりと
作りこまれており楽しく視聴できました。

特に1回目の世界で愛梨ちゃんと別れてしまったところで再開した3回目の
世界軸の演出は想像はしていましたが、それでもホロリと・・

アニメが面白かったからといって、原作や実写映画も楽しめるとは限りませんが
お金と時間に余裕があった一度見てみたいと思わせてくれた作品です。

コメント

No title

今期はこのすば、僕いな、パンドラの三強でした。
どれもヒロインが良かったと思います。

なぜかBDはおそ松さんが一番売れたそうですが、正直理解不能。
落語は貴重な作品ですが、あまり売れてない模様。
好みは人それぞれですね。

愛梨ちゃんはどうなったんだろう

こんにちは。ふわわたさん。

このすばの2期が決まっているんですね。
楽しみです。
でもふわわたさんの言われているように、
製作陣が意識しすぎると演出が過剰になりすぎたりすることもあるので、
今回のようにアホらしく楽しみながらやって欲しいですね。

ところで、ふわわたさんのベストヒロインは誰でしたか?

No title

こんにちは。

僕だけがいない街、面白かったですね。
てかやっぱ犯人は先生でしたね…。

映画は見てないですけど、漫画は
借りてきて読みましたが、良かったですよ。

映画はラストが原作と違うみたいですね。
賛否が…

Re: No title

> 今期はこのすば、僕いな、パンドラの三強でした。
> どれもヒロインが良かったと思います。

こんにちは、幸福賢者さん。

パンドラはストーリーより女の子の可愛さが印象深かったです。

>
> なぜかBDはおそ松さんが一番売れたそうですが、正直理解不能。
> 落語は貴重な作品ですが、あまり売れてない模様。
> 好みは人それぞれですね。

そうですねぇ。。好みは人それぞれとはいえおそ松さんの
BDが人気というのは予想外でした。

コメント有難うございます

Re: 愛梨ちゃんはどうなったんだろう

> こんにちは。ふわわたさん。

こんにちは、mochiさん。

>
> このすばの2期が決まっているんですね。
> 楽しみです。
> でもふわわたさんの言われているように、
> 製作陣が意識しすぎると演出が過剰になりすぎたりすることもあるので、
> 今回のようにアホらしく楽しみながらやって欲しいですね。

変に力を入れてしまうとこういうジャンルのアニメは自己満足に
陥りやすいと思いますので、肩の力を抜いて制作していただいた方が
視聴者側も気楽に見れていいかもしれません。

>
> ところで、ふわわたさんのベストヒロインは誰でしたか?

悩みますな・・強いて言えばめぐみんでしょうか?
このすばの中では比較的まともと言えなくもないかも・・

コメント有難うございます

Re: No title

> こんにちは。

こんにちは、万蔵さん。

>
> 僕だけがいない街、面白かったですね。
> てかやっぱ犯人は先生でしたね…。

視聴者はみんな犯人だって気づいていたと思いますけど
それでも視聴者を惹きつける手腕は見事でした。

>
> 映画は見てないですけど、漫画は
> 借りてきて読みましたが、良かったですよ。

僕もマンガは借りて読んでみようかな・・

>
> 映画はラストが原作と違うみたいですね。
> 賛否が…

正直、実写化して成功した作品ってあまり思い浮かばないんですよね
ですので、映画は多分見ない気がします。。

コメント有難うございます
非公開コメント

プロフィール

ふわわた

Author:ふわわた
投資ブロガーの皮を被ったアニメと
声優を愛している中二病を未だに
患っている普通のおっさん

声優の早見沙織さんと
種田梨沙さんが大好き。

今年の推し声優は原田 彩楓さん

本ブログはリンクフリーです
また、相互リンクも募集中です。

更新頻度は多分月に2~3回くらい。


よかったら登録してね

follow us in feedly RSS

ブログランキング

ランキングに参加しています

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責・注意事項など

本ブログの掲載内容は管理人の個人的見解ですので記載内容に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。 また、内容については一部身バレ防止の為フェイクをいれている記事もありますがご了承ください。またアイキャッチの 紹介の際にはアニメのネタバレを知らず知らず行ってしまう場合があります。注意ください。

アイキャッチなどについて

当ブログでアイキャッチ等に使用しているぬりぬり画像は決して著作権等の侵害を目的として使用しておりません。作品の権利者様から 申し出があった場合は、ただちに削除いたします。その際はお手数ですがメールフォーム又はコメントなどでお知らせください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。