スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年アニメのおすすめ作品。

こんにちは。

洋画を見ていても、海外ドラマをみていても気になるのは声優さん
というふわわたです。好きな方の声だとテンションが上りますからね。


2015年放送アニメBEST5

今年も数多くのアニメが放送されましたけども、その中で
特に僕がおすすめしたい、見て欲しいという作品をピックアップして
ご紹介していきたいと思います。

ただ、続編モノは除かせていただきます。


下ネタという概念が存在しない退屈な世界

面白い、面白くないという枠を飛び越えて、よく放送したな。。
と感心してしまうくらい酷いアニメです(最上級のホメ言葉)

作品の内容は置いといて、この作品を見た時に行き過ぎた
規制の怖さを感じましたね。

今の世の中でも消費者団体などが声を上げてあれやこれやと
規制を作られますけど、なんでもかんでも外部に責任を転嫁
させすぎではないのかそう感じることが多々あります。

確かに規制が必要なものもあるでしょう。ただ、その先は
自由のない束縛された世の中になってしまうのでは?
そんなことを視聴して想像してしまいました。

タイトルと内容は下品ですけども、作品全体のテーマは
なかなか考えさせられるものとなっています。


俺物語!!

少女漫画だと付き合うまでがけっこう長い作品が多々あるなか
本作は数話でくっつくので、それほどイライラしなかったです。

君に届けなんかは、楽しく視聴できましたけどもじれったくて
途中、イライラしちゃいましたからね。。

主役だけではなく、サブキャラを含めていいキャラしていましたので
24話楽しく視聴することが出来ました。

まぁ・・24話もやる必要があったのか?と思う時もありましたけど。。


オーバーロード

基本的に俺TUEEE系が好きな僕にはドンピシャな作品です。
某魔法科高校とは違い、ごちゃごちゃとした説明がなかったですし。。

それに光の戦士系が主人公より、こういうダークサイドがメインの方が
設定的に活かせるような気がします。やっぱり勇者は覚醒イベントが
必須ですからね!!

まぁ。。セリフが長く感じたのとプレアデスの出番が少なかったのが
欠点といえば欠点でしょうか。。


赤髪の白雪姫

前々から高評価なことを書いてきたこの作品。

こういう真っ直ぐで純真な女の子ってみていて眩しく感じますよね。
僕自身の心が汚れているのかもしれませんけど。

少女漫画にありがちな設定ではありますけども、だからこそ
安心して視聴し続けることが出来ました。

雰囲気もそうですし、作画も十分満足できましたので
2期にも期待しています。



響け! ユーフォニアム

2015年に放送した作品の中では一番の掘り出し物だと
僕は感じております。視聴前はそれほど期待度が高く
なかったのですけども、みていて評価が一変。

学園部活モノにありがちなただ爽やかなだけでもカワイイだけでもなく
真剣に部活に取り組んでいるからこそぶつかってしまう葛藤をしっかりと
描いてくれていて非常に見応えがありました。

アニメにあまり興味が無い層にも見てほしい作品です。


2015年のアニメ全体としての独断的かつ偏見が入り混じった感想を述べさせてもらうと
素材は良いのに料理の仕方がよろしくなく、残念なできに成り下がった作品がおもったより
あったなぁ。。ということ。

そのせいか、2期勢の作品が目立ってしまった印象があります。

また、来期にもありますけども、同じようなラノベアニメが毎クールあり
もう少し方向性がちがう原作をもってきたら?と感じてしまうほど
多かったですね・・印象には残りましたけど。

もっとも、こんなふうなことを書いていても、結局は見ちゃうんですけどね。
ということで、今年は2期作品とテンプレラノベアニメが印象に残った年でした。

2015年秋アニメの感想と2016年冬アニメの注目作

こんにちは。

ようやく、僕本来の力を発揮できる話題です (笑)
つい調子に乗って長々と書いちゃった。


2015年秋アニメ評価

今期の総合評価ですが、残念ではありますけども驚くほど
不作だったと言わざるおえませんが、その中でも僕が気に入った
作品をピックアップします。


ご注文はうさぎですか??

今期のアニメといえば?と聞かれれば、真っ先にこの作品を上げてしまうほど
こころがぴょんぴょんしてしまった癒やし+萌えアニメ。

内容が薄くても、盛り上がりに欠けてもカワイイ女の子がワイワイするだけで
一つの作品になるとしみじみと感じながら視聴していました。

しかも、この作品には僕が愛してやまない早見沙織さんと、大好きな声優である
種田梨沙さんが出演しているのもポイントが高いです。

年末年始は本作を一から見なおして英気を養うのも良いかもしれませんね。

しかし、前述しましたがこういう萌アニメ特有の山なし谷なしな内容で
盛り上がりに欠けますから、見ていて退屈に感じる方も多そう。

それに登場人物全員があざといですからね。

といいつつも僕はちょろい人間なのであっさりとそのあざとさに
やられてしまうんですけど。。


櫻子さんの足下には死体が埋まっている

ジャンルとしてはミステリに入るのでしょうけども、なんとも中途半端に感じました。

というのも一般的なミステリ、推理モノとは違い櫻子さんのための作品という
印象を1話からずっとうけてきましたので。

また、この作品にかぎらず、ミステリ、推理モノというのは偉大な作品が多くあり
それらの影響を受けたり、感じられたりするのは当然のことでしょう。

ただ、それを踏まえてどう盛り上げるかが力の見せ所だと僕は考えていますけども
アニメでは淡々とストーリーがすすんでいったせいでイマイチ見どころがわからなかった。

原作を読んだことがありませんので、このコンテンツ自体の評価は出来ませんが
アニメとしては凡作という評価となってしまいます。

こういう作品はやはり原作を読むのが一番でしょう。

と批判的なことを書いてきましたけども、作品の雰囲気は悪くなかったですし
スタッフさんの意気込みは感じましたので、今期の中ではそれなりの出来でした。


終わりのセラフ~名古屋決戦編~

1期に続き、2期の途中までは楽しめた作品です。

しかし、終盤に行くに連れ微妙な展開が多く、また置いてけぼり感が
否めず、当初高かった評価がだんだんと降下していくという。。

またこういう作品に欠かせない戦闘シーンが1期もそうでしたけども
イマイチでせっかくのキャラを活かせていなかったと僕は感じました。

ストーリー展開もはいはい、主人公が突っ込むんだよね。みたいな
ある程度予想がついてしまい、実際に独りよがりと感じる主人公のせいで
若干イラッとした時もあります。お前たちの目的は一体何なんだよってね。

えっ?家族を大事にだって? (笑)

辛口なことを書いてしまいましたけども、先が気になる終わり方で
原作がどうなるのかもう少し知りたいという欲求がわいてきましたので
販促という意味ではなかなかの出来だったのではないでしょうか?

まぁ・・もっともクルルちゃんと未来ちゃんの扱いが不満。それだけで
僕の評価はだだ下がりですけどね。


DD北斗の拳2イチゴ味+

DD北斗の拳2と同じ枠で放送している5分にも満たないショートアニメ。

DD北斗の拳2本編は正直言ってつまらないのですが、イチゴ味の方は
今期でいちばん面白いといっても過言ではない出来となっています。

唯一ショートアニメなのが悔やまれますが、この短さだからこそ面白さが際立ち
また視聴者に強烈な印象を残すのでしょう。

スタッフと声優陣の愛をビシビシ感じた作品でした。


秋アニメ総評

上述しているとおり、今期は総じて僕にとって
不作だったといわざるおえません。

素材は悪くないのに、料理の仕方がイマイチで残念な出来に成り下がっている
作品も多くあり、いちアニメファンとしてはがっかりしてしまいます。

10年位前は50本~60本くらいだったアニメが現在は150本以上と増加したのも質低下の
原因の一つなのでしょうか・・制作会社もまわさなければお金にならないでしょうしね。。

作る側も見る側も疲弊してしまうこの現状を改善しないとアニメ自体の質が下がり
売れるものも売れなくなってきそうな気がしています。

まぁ・・作品の感想や評価といったものはどんなに売上や視聴率で
判断したって個人個人の主観によるものが大きいので、僕がイマイチ
だと思った作品でも、他の人には名作かもしれません。

だれかの感想を参考に視聴するか否かを決めるのはいいとも悪いとも
いえませんけども、できれば一通りご覧になったうえで判断していただきたい
一アニメファンとしてはそう考えています。


2016年冬アニメの注目作

さて、気を取り直して恒例の2016年冬アニメで期待している作品を
上げていきたいと思います。


蒼の彼方のフォーリズム

具体的な内容はTVアニメ「蒼の彼方のフォーリズム」公式HPを御覧ください。

あらすじを見てみると、爽やかな青春スポ根ものみたいなので
それほど気負わずに視聴できそうな感じがします。

心配なのはスポーツならではの躍動感ある動きがきちんと
描かれるのかどうかと空の美しさを感じることができるのかということ。

というものアニメ制作はGONZOで、旧ゴンゾ時代なら期待もできましょうが
最近手がけた作品を見るとねぇ。。期待半分不安が半分といったところでしょうか。

また、原作がPCゲームのようですけども、ゲーム原作にありがちな
豊富な設定をきちんと活かせるのか。スタッフさんの腕の見せ所です。

一応PVを見る限りではそれなりに期待できそうではありましたけどね。



赤髪の白雪姫(2クール目)

待ちに待った赤髪の白雪姫。2クール目なので内容は
省きますが、来期では一番期待している作品となります。

王子と町娘の恋物語というのは有名どころではシンデレラに代表されるように
昔からの題材として多くの作家、漫画家がモチーフとしてきたまさに王道。

王道であるからこそ、下手な小細工が通用せずに制作側の真価が
問われるものでもあります。その点、本作は作画、音楽、ストーリすべてが
高いレベルでまとまっており1期は見やすい作品と仕上がっていました。

2期目も非常に期待できる作品ではないでしょうか。

ただ、こういう物語では主役2人にスポットがあたるためにサブキャラたちの
扱いに不満が出てくる可能性もあります。僕は本作におけるサブキャラたちも
魅力的に感じましたが、人によっては違う印象を受けるかもしれません。

さて、1期目に続き今回もOPは我らがプリマドンナ「早見沙織」さんが
担当され、なんと作詞だけではなく共作ですが曲まで手がけています。

もうすでに名曲が約束されていると言っても過言ではないCDですので
僕は自宅用、車用、コレクション用の3枚を購入予定です。

本作について詳しく知りたい方はTVアニメ「赤髪の白雪姫」公式HPを御覧ください。

はやみんかわいいよ、かわいいよ。

僕だけがいない街

具体的な内容はTVアニメ「僕だけがいない街」公式HPを御覧ください。

原作は話題となったコミックなので、名前は存じ上げていましたけども
具体的な内容はさっぱりわからなかったのですが、サスペンスらしいので
こういうダークな雰囲気の作品って心惹かれるものがあります。

こういう作品は緻密な設定を視聴者にどう受け入れてもらえるかが作品の
評価を大きく作用すると思いますので、制作会社には頑張ってもらいたい。

懸念すべきは主役らしいキャラの声を声優初挑戦の方々が担当されますので
物語の雰囲気を壊さずにできるのか違和感なく全話見られるのかということですね。

そういえば、原作は全国の書店員が選ぶ読んで欲しいコミック1位だったかなに
選ばれているらしいのですが、こういうランキングはお金の匂いがプンプンして
正直に言うと好きじゃないんですよね。


少女たちは荒野を目指す

本作の詳しい内容についてはTVアニメ「少女たちは荒野を目指す」公式HPを御覧ください

この作品が気になった理由ははひとえにスタッフさんの顔ぶれです。

タカヒロさん、田中ロミオさん、佐藤卓哉さん、綾奈ゆにこさんといった
僕個人としては期待ができるメンバーだと思います。

美少女ゲームの制作を通して描かれる青春ものらしいのですが
冴えない彼女の育て方みたいな感じなのでしょうか?

どういう作品になるかはまだ未知数ですが期待していきたいですね。


まとめ

さて、ここまで長々と2015年秋アニメの感想と2016年冬アニメの
注目作をご紹介しましたけども、人それぞれ好みが違いますから
一通り視聴して頂き、その中からお気に入りを見つけていただきたい。

さぁ、来期も充実したアニメライフを!

あっ、明日の午前中に2015年アニメの総括をしたいと
おもいますので、興味があればぜひ。

2015年秋アニメ中間評価~そのに!~

こんにちは。

1回で書ききれなかったので分割で2015年秋アニメの
中間評価を書いていきたいと思います。

前回に続き、ちょっとだけ愛を持って辛口で行きたいと思います。


秋アニメ中間評価。

前回は新規作品を中心に書いていきましたが
せっかくの分割記事ですので、2期作品の評価も
書いていこうかな。

緋弾のアリアAA

数年前に本編のアニメをやっていたので、2期目か!と驚いたのですが
スピンオフのアニメ化と聞いてちょっとがっかりしたんですよね。

内容自体は可もなく不可もなく、普通の深夜アニメという出来栄えです。

主人公であるあかりの正体が物語に関わる重要なファクターだと思いますが
作中の人物が歴史上の人物の子孫であることを踏まえるとすぐに分かってしまいますよね。

これから先の展開もいい意味で期待を裏切るようなストーリーにはならないと思いますが
切るほどでもなく録画して時間があるときに見るのが良いんじゃないでしょうか?


俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツられた件

残念ながら僕にはこのアニメは合わなかったようです

3話まで視聴しましたが、これ以降は見る気がちょっと
おきなくなっています。

キャラデザはきらいではありませんが、ストーリーがどうしても
しっくりこないんですよね。

学戦都市アスタリスク

前回の記事の落第騎士でも書きましたが、同じような展開のテンプレラノベアニメ。

ストーリーは両方共、大して面白くはありませんが、落第騎士はキャラ補正(珠雫ちゃん補正)
アスタリスクは声優補正(加隈さん、亜李ちゃん、東山ちゃん補正)でそれなりに楽しく見れているだけ。

声優に興味が無い層はどちらか見ただけでお腹いっぱいになりそうですね
同時期に重なったのは不幸としか言えません。

余談ですが、両方に出演している奈央ぼうは混乱しないのかしら?


ヘヴィーオブジェクト

1話はつまらなかったのですが、2話目はそれなりに面白かった
しかし、それ以降は見ようという気力がわかないんですよね

こういうジャンルは結構好みだったりするんですが、想像と
違っており3話視聴後は熱が冷めたというかなんというか・・

決してつまらないとは思わないんですが・・

終わりのセラフ

待ちに待った2クール目。

今のところ、今期で1位、2位を争うくらいの作品です。

ストーリーも先が気になる展開がおおく、引きこまれますし登場人物も
敵味方どちらも魅力的です。(はやみんかわいいよ。)

しかし、サブタイトルが名古屋決戦編とあるので物語の大きい変換点である
ストーリーが展開されるとは思いますが、いいところで終わる気がしないでもない。
続きは原作で!みたいなことにならなければいいなぁ・・
(はやみんマジ女神)

それに、主人公の周りだけが騒がしく視聴者とシノア隊が置いてけぼりな感が
すさまじいので、上手にキャラたちを動かし物語を進ませることができるのかが
心配でもあります。

さて、OP、EDは変わってしまいましたが、どちらも良曲だと思います。
ただ、OPが前期と比べると若干軽い感じがしなくもありません。

fripSideは好きなのですが、この作品には合わないかもね。


ご注文はうさぎですか??

今期最高の萌え枠。ブヒブヒ。

ストーリーなんかないのも同然ですが、そのマイナスを吹き飛ぶくらい
可愛らしいキャラのホンワカした日常を見ることができるので、文句なしです。

ストーリー重視の方には合いませんが、可愛い女の子がキャッキャウフフするアニメを
見たいとお思いの方は本作を見れば萌え殺されます (笑)

OPもEDも可愛らしくごちうさらしいのがポイント高いですね。
EDはロ○コンを量産したかと思えば、止めを刺しに来ていますので
そっち方面の方はご注意を。

キャラクターはカワイイし、はやみんも種ちゃんもかわいいし
OP、EDは良曲だしと日本のカワイイが詰まった作品です。

とりあえず、日本に生まれてよかった~!!

しいて、不満な点があるとすれば全体的にサラッと流し過ぎなような感じが否めません。
もっとも深く掘り下げるものもないのでしょうが。


まとめ的な

もっと書きたかったのですが、ココらへんでやめておきます。

さて、秋アニメは総じて残念なクールに終わりそうな気配を感じます。
というか新規作品が弱すぎますね。

これはそれぞれの作品のアニメ化を決めた責任者が残念すぎるんでしょうね
アニメ制作会社はどんなものでも制作していかないとまわらないでしょうし・・

原作が面白くてもアニメ化するとつまらなくなるもの、原作がイマイチでもアニメ化すると
面白くなるものもありますので、そこの見極めをしっかりしないと円盤やグッズが売れずに
赤字のまま終わることもあるでしょうか関係者の皆様にはたかがアニメではなく、気持ちを込めてもらいたい。

2015年秋アニメ中間評価~そのいち!~

こんにちは。

だいたい3話も終わり、視聴継続するアニメが
絞れてきたと思われます。

僕は好みに合わなくても惰性で見ちゃうタイプ。


秋アニメ中間評価・・というか感想。

今期は2期勢が闇の衣を纏っているゾーマ様のような強さを
ほこっていますが、それでも健闘している作品も見受けられますな。

面白い作品だけを書くと2期作品が強すぎるので、新規作品を
中心に何作か評価を書いていきます。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

ミステリ小説が原作の作品です。名前はしってはいましたが今ひとつ
面白そうとは思わなかったアニメ。

しかし、1話を視聴するとスタッフさんの気合の入れようが半端ないなぁと
感じる出来栄えに思わず唸ってしまいました。

内容自体はガッツリとしたミステリというよりは事件を通して櫻子さんの謎に迫る
櫻子さんのためのアニメという感は否めませんが、それでも視聴者をあきさせないように
一つ一つの事件をあっさり解決させず次回に含みをもたせているところに好感がもてます。

無理矢理にでも難癖をつけるのであれば、櫻子さんが謎をとくときの
あの演出が個人的にはあまりすきじゃない。でも作品の評価を下げるほどでもない。


落第騎士の英雄譚

よくあるラノベアニメ。しかも今期は同じような作品であるアスタリスクもあり
食傷気味になってしまいます。今まで同様にテンプレ展開のオンパレードで
なんでアニメ化したの?と小一時間問い詰めたいくらい。

しかし、それでも僕にとってはある要素がプラスになるだけで評価がバク上げです。
その要素とは当然のごとく、珠雫ちゃんです。いや~最高ですな。こういう頭がおかしい。。兄に対して
深い愛をもっているのが素晴らしい。妹の鏡です。

彼女がいなければ、というか今期テンプレラノベアニメは基本的に凡作以下ですけど
諸先輩方と同じように、ラノベアニメは、かわいい>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>ストーリー
であるということを身を持って僕達視聴者に示してくれましたね。


ランス・アンド・マスクス

ストーリー・・よくわからん。作画・・微妙。音楽・・えっ流れてたっけ?
という視聴し終わっても全く印象に残らないアニメは久しぶりです。

前述の落第騎士やアスタリスクなどのラノベアニメと同じように
ご都合主義的な展開に、原作がこうなのか、脚本がイマイチなのか
つい考えこんでしまいました。

というか原作者と脚本家は同じなんだけどね。

唯一の救いは真緒ちゃんがひたすらかわいい。それだけ。

彼女がいなければ、流し見すらもしなかった気がする・・
というか、なんでアニメ化したんでしょう。。私気になります!


コメット・ルシファー

オリジナルアニメは貴重ですので、応援したいのですが今のところ
面白いわけでもなく、つまらないということもなく立ち位置が曖昧な作品です。

雰囲気はほのぼのとした感じでキャラデザも好みなのですが、前期のCharlotteのように
前半はゆっくり、後半は駆け足にならないか心配してしまいます。

しかも、フェリアがこの星の守護神というか神に等しい存在であるみたいなことを
モウラが言っていましたが、サラッと流してストーリーが進んだことがちょっと不思議。


すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』

原作を知っているだけに、どのような出来栄えになるのか怖いもの見たさで
視聴していますが、思ったよりは楽しく見れる作品です。

キャラデザが好きではありませんが、こういうアニメを見るときはそれほど
気にはならなかったですね。

すごく面白いという作品ではありますが、他の新規アニメと比較すると
じっくり視聴できるアニメに仕上がっているのではないかなぁと思います。



長くなりそうなので、次回に持ち越しです。

2015年夏アニメの感想と秋アニメの注目作。

玲奈
(こういうコスチュームにドキッとしちゃいます。)

こんにちは。

主要なアニメがすでに最終回を迎えました。

ということで、いつも通り今期の感想と来期アニメの注目作を・・


2015年夏アニメの感想

秋アニメの注目作をご紹介する前に夏アニ僕的オススメBEST3です。


1位 赤髪の白雪姫

文句なしで1位を獲得した赤髪の白雪姫。

内容はありきたりというと言葉は悪いのですが、良くも悪くも
少女漫画原作という内容ですね。僕はこういう作品は大好きですが。

この作品の特筆すべき部分は映像美だと思います。
幻想的な雰囲気をかもしつつも鮮やかな風景。

色合いが見ていて疲れない塩梅に調整されているのは職人芸と
呼べるレベルではないでしょうか?

また、光の使い方というか演出が感動モノでした。

もちろん、声優の皆さんの演技にも力が入っており
主役2人だけではなく、サブキャラも含めて素晴らしい
演技をされていたと感じます。

ということで老若男女問わず安心して見られるファンタジーですね
王道は王道だからこそ良作である。を地でいく作品です。

2期が楽しみで仕方ありません。


2位 干物妹! うまるちゃん

今期の癒やし枠といえば、のんのん2期と本作。
のんのんと迷った挙句、新番組ということでランクインさせました。

本作はノーマークだったこともあり、想像を上回る面白さでした。

視聴する人の中にはうまるちゃんのキャラがイラッとくる方もいるかとは思いますが
あんなキャラだからこそ、ところどころ出るお兄ちゃん大好きオーラがたまらないのです。

現実では同じ部屋であんな風に過ごしてくれませんよ。(´Д⊂グスン


3位 オーバーロード

こういう圧倒的な力を持つキャラが主人公というのが結構好きなんですよね。

回を重ねるごとにドンドン引き込まれていくので毎回楽しみにしていました。
アインズ様がちょいちょい素に戻るのがクスっとしましたね。

難点を言わせてもらえれば原作をどのくらい圧縮してアニメ化しているのかは知りませんけども
せっかくの守護者たちの出番が少なくて残念だったということと、説明というか長々としゃべっていて
途中めんどくさくなっちゃうところがありました。

余談ですが、AT-Xと公式HPでみることができる
「ぷれぷれぷれあです」も結構良かったよ。


今期は圧倒的なヒロイン力をもつキャラが少なかった反面
全体的に良作が多かったように思えます。

惜しいのは「俺たちの戦いはこれからだ!」だったり
それに近い最終回を迎える作品が思ったよりあった気がします。

まぁ、作品の内容を見ると、1クールでは収まりきらないだろうな
と最初の頃に感じていましたので予想通りというか・・

一番の不満は「わかば*ガール」がショートアニメだったこと。


2015年秋アニメの注目作。

秋アニメは続編モノが多いですね。
その中での注目作は・・

うたわれるもの 偽りの仮面

非常に面白くてここ10年の間でトップ10にはいる出来だった
偉大な前作をどこまで超えられるか期待している作品です。

正直なところ、良作にはなりそうですが前作は超えられないと
思いますね。思い出補正もありますから。

出演者をみると若い女性声優さんが多いようですが主人公と思われる
ハクを演じるのがあの藤原啓治さんですからどんなキャラになるのか
楽しみデスね。


すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

S&Mシリーズを読破したことがある僕としては原作をしっている
人間でも楽しめるような出来になっているのかという怖いもの見たさで
ランクインさせました。

ただキャラデザが個人的に好きではありません。それに四季さんの声は
個人的に福圓さんが良かったと思うんですが・・もちろん、木戸ちゃんも素敵な声優さんですよ。

ところで、こういうミステリー小説が原作のアニメといえば
本作とは毛色が違いますが「魍魎の匣」がありましたよね。

京極堂シリーズのファンでもあったので一応見たのですが
期待はずれでしたので先人の失敗をいかしていい作品に
してほしいと切に願っています。


コメット・ルシファー

公式HPでみたあらすじがなんだかグランディアというゲームを思い起こさせます。
それにヒロインがプラメモのアイラを幼くそして明るくした感じで結構すき。

本作はオリジナルアニメなのでどういう展開になるのか制作会社の力の見せ所です
不安もありますが、それ以上に期待しています。

なんか感動しちゃいそうな気配がしますな。



注目している3作品をご紹介しましたが、あえて続編モノは除きました。
だって、それだけで埋まっちゃいますからね。

2期作品も含めるとごちうさの圧倒的な攻撃力に他作品が
霞まないか心配しています(笑)


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「響け! ユーフォニアム」から「高坂 麗奈(こうさか れいな)」ちゃん。

本作は2015年のアニメの中でBEST10に入るくらいの出来でした。
こういう作品は制作会社が自分たちの力に自信がなければ出来ない
内容であると思います。

そんな不安を一掃するように京アニは期待以上に仕上げてくれましたので
さすがは京アニと感心しっぱなしでした。

青春の爽やかさだけではなく、ギスギスした人間関係も描きつつも
ラストは熱く燃え上がりつつも胸が締め付けられるような感覚になり
本当にいい作品であるとしか言いようがありません。

2期をやれる内容ですし、ぜひともお願いしたいですね。

それにしても3日間連続でアイキャッチを公開しましたので
疲れ果ててしまったよ。。

プロフィール

ふわわた

Author:ふわわた
投資ブロガーの皮を被ったアニメと
声優を愛している中二病を未だに
患っている普通のおっさん

声優の早見沙織さんと
種田梨沙さんが大好き。

今年の推し声優は原田 彩楓さん

本ブログはリンクフリーです
また、相互リンクも募集中です。

更新頻度は多分月に2~3回くらい。


よかったら登録してね

follow us in feedly RSS

ブログランキング

ランキングに参加しています

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責・注意事項など

本ブログの掲載内容は管理人の個人的見解ですので記載内容に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。 また、内容については一部身バレ防止の為フェイクをいれている記事もありますがご了承ください。またアイキャッチの 紹介の際にはアニメのネタバレを知らず知らず行ってしまう場合があります。注意ください。

アイキャッチなどについて

当ブログでアイキャッチ等に使用しているぬりぬり画像は決して著作権等の侵害を目的として使用しておりません。作品の権利者様から 申し出があった場合は、ただちに削除いたします。その際はお手数ですがメールフォーム又はコメントなどでお知らせください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。