FC2ブログ

生活残業という不治の病

アニマエール ひづめちゃん©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会

最近仕事で頭を悩ませているのは、会社から指示された残業をせずに
最大の効率を上げろというものです。

最大の効率というのはどのレベルなのかは分かりませんが、ともかく
経費をかけずに利益を上げなきゃいけません。

どの会社も同じようなことを言っているのでしょうが、そこで問題となるのは
仕事量が多いから残業するのではなく生活費を稼ぐために残業をしている人です。

給料が上がらない→生活が苦しい→残業をして少しでも稼ぐ→
時間内に終わらせる能力がないと判断される→会社の評価が低い
→出世せず昇給額も大したことがない。という悪循環になっているのだと思います。

こういう人たちに何を言っても改善はされないと僕は考えていますが
ただ能力の問題もあるのでしょうが、彼らはダラダラと周囲と比較しても仕事をしているので
他の社員たちもイラつくというか残業代に対しての不公平感が漂い始めています。

真面目にしっかりと仕事をしている人にとってみれば面白くはありませんよね

ですので作業者の業務量や残業理由を考慮した上で残業許可制にすべきではないかと
思っていますが、そうするとまともじゃない上司の下にいる人達が可哀想ですし、なにより
残業代を払わない会社という風評が立つ可能性があるので役員が乗り気じゃないみたい。

そうなると僕としては打つ手が思い浮かばず、上から叱られるだけになって
いい気分はしません。

一体どうしたら良いか悩みすぎて最近では夢にまで出てくる始末。
ほんと降格されてもいいので平社員に戻りたいと願う毎日です。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「アニマエール!」から「有馬 ひづめ」ちゃん。

きらら作品を紹介するたびに言っているような気がしますが、やはり
こういうほのぼのとしたアニメはきらら作品の右に出るものはいないと
思ってしまうほど安定しています。

重厚なストーリーや萌アニメといった作品もアニオタ紳士である僕は好きですが
やはりストレスなく萌えとは違う方向で可愛いなあ・・と感じる作品のほうが
気軽に視聴できますね。

また制作会社の力量にもよるのでしょうが、テンポもいいですしクスッと笑える部分があるなど
構成の仕方というか展開がうまいなぁ。。と感じる部分もあります。

しかし、盛り上がりに欠ける部分もありますので、ここからチアメンバーが揃ったときに
どう魅せてくれるのか制作会社の腕の見せ所ですね。

なんにせよ、見て後悔はしない作品じゃないかな?と思いますので
公式HPで公開している「頑張る学生・社会人の応援動画!」と合わせて
視聴していただけると一ファンとして嬉しいです。

関連記事

外国人労働者の受け入れ拡大のニュースでとばっちり。

となりの吸血鬼さん エリーちゃん©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会

外国人労働者の受け入れ拡大のニュースをよく目にします。

高齢化に伴う、労働人口の減少に加え、仕事も通学も求職もしないいわゆるニートや
それに近い未就労者が70万人いると言われているので、外国人労働者の受け入れ拡大も
やむを得ないのかなと理解はしています。

ただ、実際にどの程度人手不足なのかわからない上、永住者がふえ事実上の移民となる可能性が
あることに対し、僕もそうですが受け入れる側としての覚悟というのが足りないような気がして
このままズルズルと制度が決まり気がついたらトンデモナイことになっているのではという
不安は個人的に持っています。

僕が抱いている不安は当然、他の人も持っているようで会社の年配の方たちは
日本という国の根本が変わってしまうのでは?と思っているようです。

そんな不安や心配のはけ口がニートと独身者の我々です。

この方々の言い分は働かずに引きこもったり、結婚して子供を育てないから
日本が外国人を受け入れざるおえなくなっているというものです。

ニートの中には怪我や病気で働きたくても働けない人もいらっしゃるでしょうし
僕はすでに諦めてはいますが、結婚したくても出来ないもしくは結婚しても
子供が出来にくい方たちもいらっしゃるでしょう。

それなのに、社会に出て働き結婚し、子供を育てて一人前の大人であり、それが当然で
その義務を放棄していると僕の周囲の年齢高めの人たちは僕のあり方を一様に否定します。

自身のあり方を否定されるのはイラつきもしますし個人の自由だろとは思います。

しかし、将来につないでいくという意味では確かに僕は役割を
果たしていないのかもしれません。

ですので、とばっちりなんてことを書いてはいますが彼らの考えは
理解できなくもないなぁ・・・と外国人受け入れ拡大の話をしながら
僕に向けられた言葉を受け止めています。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「となりの吸血鬼さん」から「エリー」ちゃん

吸血鬼である必要性は僕には感じられませんが、テンポもよくストレスなしで
可愛い女の子たちがキャッキャしているのを見れるので特に不満なく視聴出来ます。

OPもEDも可愛らしく作品にピッタリで聴いていてこちらが楽しくなります。

全体的にここがすごく面白いんだ!と言えるような部分はありませんが
このなんとも言えないゆるい雰囲気に惹きつけられてしまう作品に
仕上がっていると思います。

懸念すべき点はマンネリというか単調になりやすいテーマでもあるという所でしょうか?

もっとも、これは本作だけではなく類似作品全般に言えることですし僕のように見慣れている
紳士諸君にとっては欠点といえるものではないとは思いますけどね。

なんにせよ、可愛い女の子が楽しそうにしているだけで僕にとっては目の保養と
ストレス発散になるので問題ないけど。

関連記事

2018年10月の振り返り

いもいも 涼花ちゃん2©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会

あっという間に10月も終わり、11月となりました。

10月は日経平均が9月末に20数年ぶりに高値を更新したと騒いでいたと思えば
株価が大きく下落してまたマスコミが賑わうなど忙しない日々が続いたような気がします。

そんな中、投資活動としては毎月の積立の他にクラレ(3405)を追加購入。積立している
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)にも追加投資をしようと考えていましたが
あれやこれやありまして断念。

今になってクラレを追加購入してよかったのか若干の後悔を感じることもありますが
来週発表の第3四半期決算に期待したいと思います。

ともあれ、来月も毎月の課税口座、積立NISA、iDeCoでの積立は金額も変わりなく
引き続きコツコツと積み立てていきます。

私生活の面では大きなトラブルがありました。

それは多くの家電製品が故障したことです。PCやレコーダーが完全にではありませんが
動かなくなり、TVもときおり勝手に電源が落ちる、炊飯器のスイッチが入らないなど
立て続けに不幸に見舞われて、なにかの前兆ではと戦々恐々としています。

いずれこういうときもあるだろうと積立していた預金の半分以上が10月で
消えてしまいました。

とりあえず何回か家電量販店にいき、購入したものもありますがPCは
いまだに購入に至っていません。

会社から借り与えられているPCをいつまでも使うわけにはいきませんので
そろそろ本気で買わなくちゃと思っています。

ですが今までHpのPCを購入してきましたが、安いというわけじゃないんで
今回はどうしようか検討中です。

ほんと出費が激しく大変ですわ


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」から「永見 涼花」ちゃん。

妹キャラ好きの紳士を自負している僕としては当然のように毎週視聴していますが
あまりの作画の酷さに一周回ってそれが楽しみになっている僕が居ます。

スマホがいきなりガラケーになったり、涼花ちゃんの口が分離したり
兄とその同業者のクラスメイトの顔というか目がちょいちょい違ったりと
よくこれでTV放送しようとしたなと思うくらいの酷さです。

チェックする時間がないくらいタイトなスケジュールなのかもしれませんが
原作者の先生がアニメを見てどう感じているのか聞いてみたいくらいです。

もともとストーリー自体内容的に惹かれるものが少ないのに、その上作画まで
これほどまでにひどければ救いようがありません。

周囲のキャラの頭のおかしさや主人公の残念さ、内容の薄さは良いとしても
どうか涼花ちゃんの作画だけはしっかりしてほしい。

そう願いながら毎週視聴しています。
関連記事

プロフィール

ふわわた

Author:ふわわた
永遠の中二病であるおっさんが
もがきながら資産運用をしていく
過程を記した日記みたいなもの

投資の知識がほとんどなく雑談が
多いブログですが、よかったら
お付き合いください。

声優の早見沙織さんを愛して
やまない声オタでもあります。

本ブログはリンクフリーです
また、相互リンクも募集中です。


follow

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責・注意事項など

本ブログの掲載内容は管理人の個人的見解ですので記載内容に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。 また、内容については一部身バレ防止の為フェイクをいれている記事もありますがご了承ください。またアイキャッチの 紹介の際にはアニメのネタバレを知らず知らず行ってしまう場合があります。注意ください。

アイキャッチなどについて

当ブログでアイキャッチ等に使用しているぬりぬり画像は決して著作権等の侵害を目的として使用しておりません。作品の権利者様から 申し出があった場合は、ただちに削除いたします。その際はお手数ですがメールフォーム又はコメントなどでお知らせください