FC2ブログ

保有株の運用状況(2018年12月)

うざメイド ミーシャ3©中村カンコ/双葉社・うちのメイドがウザすぎる!製作委員会

先日の土日にニュースでも報じられている通り大雪のため雪かきをするはめに
そのせいか足腰と腕が筋肉痛で。。。


12月の運用状況

12月11日時点での保有株4銘柄の状況は以下の通り

2018年12月
米国の中国に対しての追加関税が延期になったことで安堵感が広がったという
報道がありましたがその後すぐにまたしても不安定になり米国債の長短金利逆転や
ファーウェイショックの影響もあり世界的に株安となっているようです。

その結果僕の保有株もご覧の通りクラレなんかは一時1700円を超えていましたが
あっという間に1600円台に戻ってしまいましたし三菱UFJなんかは年初来安値を
更新しました。

保有はしていませんがチェックをしていた銘柄を始め多くが下落しているようなので
ついつい手を出してしまいそうになります。

ただもうちょっと下がるような気もしなくはありませんので引き続き様子見を
していきたいと思います(結局は小心者なんですよ・・・僕は)

さてファーウェイショックにより米中の対立がより一層深まるでしょうし、欧州の政治的混乱や
EUでの年内合意は断念したようですがフランスは独自で2019年に実施するらしいという
デジタル課税といった問題というか注意すべきことがありますので来年は投資家としての
力量が試される年になりそうな気がしています。

ですので個別株投資について投資方針を今一度振り返り、無茶なことや
変な妥協などしないよう気を引き締めていかなければと感じています。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「うちのメイドがウザすぎる!」から「高梨 ミーシャちゃん」

登場人物が多くないので、キャラ通しの掛け合いがマンネリ化しそうな
予感がしていましたがいい意味で裏切られた作品です。

ミーシャちゃんと変態メイドのつばめさんのやり取りが回を追うごとにレベルが
高くなり、笑える一方でリアルにうわぁ・・・と言ってしまうくらいつばめさんの
キャラが立っているので見ていて飽きてきません。

若干新要素がほしいかな?と思うようなときに脊髄で生きていると
友人から言われた森川ちゃんや、ドMという枠では語りきれない鵜飼さんを
登場させるなどおそらく計算された制作スタッフの狙いがまたしてもニクイくらい
ハマり、毎週楽しみにしている作品の一つとなっています。

最新話では血はつながっていませんが親子の絆というか頼りないな。。。と
感じていた康弘のミーシャへの気持ちがあらためて彼女にも伝わった回で
この回のようにたま描かれるシリアス風味がこの作品の良さを引き立てています。

アニメと合わせて音泉で配信されているラジオもあわせて聴くとアニメ本編も
楽しめると思いますので何回も言っているような気がしますが、ぜひとも時間が
あるときに聴いていただければと思います。

保有株の運用状況(2018年11月)

リリースザ・スパイス もも©SORASAKI.F

実家の母より祖母の認知症が進んでいる上に
1日中座りっぱなしだという話を聞きました。

動かないと体に悪いと思いますので、たびたび手押し車というんですかね
あれといっしょに散歩に誘っているらしいのですがダメみたいです。

あんなに元気だった祖母がほとんど話をせずに座って毎日を過ごしていると
聞くとなんだか寂しい気持ちになります。

それと同時に世話をしている母も心臓に持病があるのですが、共倒れに
ならなければいいなと思いながら、何もしない僕はやはり親不孝ものなんでしょう。

それはさておき、11月13日現在の保有株の状況です。
2018年11月13日の保有株
11月上旬は米中間選挙や各企業の中間決算発表などイベントがあり株価がどうなるか
ドッキドキでしたけども選挙も予想通りだったようですし、決算の方も僕の保有株に
ついては期待以下でもないし期待以上でもなかったと思います。

保有している銘柄で最大のクラレについては普通すぎる決算だったと思うのですが
想像以上に下がっていて驚きました。投資家のみなさんにとっては満足できない
決算だったということなのでしょうか?

一方2大柱といっても4銘柄しか保有していないのですがクラレとともに僕の
ポートフォリオの中で存在感を放っているダイセルについては増収減益では
あったものの奮闘しているようです。

もっとも投稿日である14日には冴えないクラレが上がってダイセルが
下がっているかもしれませんが。

さて、僕は世の流れに身を任せながら当てにもならない自身の感覚で取引をしていますが
プロと呼ばれる人たちの意見をネットや雑誌などで見ても色々と分かれていることも
ままあり参考にしようともしづらいなぁ・・と永遠の初心者である僕は感じています。

なんにせよ臆病なくらいでちょうどいいと思いながら市場から退場しないよう
今後も身を置いていきたいです。



アイキャッチ

今回のアイキャッチは「RELEASE THE SPYCE」から「源 モモ」ちゃん

スタイルが違うので一概には言えないのでしょうが、閃光のナイトレイドや
ジョーカー・ゲームといった他のスパイアニメと比較するとご都合主義というか
シリアスっぽいのに軽さを感じてしまい、中途半端な作品に仕上がっている気がします。

また、可愛い女の子たちが主人公という共通点をもつスパイアニメの
プリンセス・プリンシパルはうまいな・・と思わせる演出がありましたが
本作は今の所、特筆すべき点が見当たりません。

友情や絆といった人間関係を通しての成長物語をみせたいのかスパイアクションを
みせたいのかいまいちわからない作品になってしまっているので、大きな話題になることもなく
忘れ去られてしまうアニメになるんだろうな・・・と感じています。

唯一の見どころは僕の大好きな早見沙織さんが予想もしていなかった
キャラの声を担当しているというところでしょうか?

となんだかんだネガティブなことを書いてきましたが決してつまらないわけでは
ありませんのでここまで見たのであれば最後までお付き合いするつもりです。

保有株の運用状況(2018年10月)

寄宿学校のジュリエット シャル姫©金田陽介・講談社/寄宿学校のジュリエット製作委員会

9月の中頃から10月の初旬にかけてホイヤホイヤと上がっていた株価ですが
あっという間に日経平均が21,000円台になりました。

ヨーロッパはイギリスやイタリアでガヤガヤしているし、米中貿易戦争で
騒がしいのにサウジ問題でもうお腹いっぱいです。

おかげで例に漏れず僕の保有株も順調に下がっています。
2018年10月
株価大幅下落の中、本来であれば追加投資をするならメインの投資先である
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)へ資金を投入するつもりでしたが
実はクラレ(3405)を追加購入しちゃいました。

個別株用とインデックスファンドスポット購入用の資金は別々に積算しているので
クラレを購入したからと言って別にeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)をスポット
購入できなくなったというわけではありませんが、今の所、クラレを追加購入した
以外はとくに動いていません。

インデックスファンドだけではなく個別株についても様子を見つつ
追加or新規購入を検討していきます。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「寄宿学校のジュリエット」から
「シャルトリュー・ウェスティア」ちゃん

ベタで王道な作品はサプライズもなければ意外性もない言わば使い古された演出だらけで
数多く巷にあふれており見飽きた方もいらっしゃることでしょう。

しかし、だからこそ安心して楽しめる作品でもあるといえるのではないでしょうか?

本作はそんなベタで王道なラブコメディで、ストーリーは特筆すべきところはなく
予想通りというかまぁ・・・そうなるよねという展開ばかりです。

ただ、変にこねくりまわしたような制作側の自己満足な演出は今のところなく
普通すぎるラブコメなので肩の力を抜いて視聴できます。

それに女の子たちがみんな可愛くて、それだけでもこのアニメを
見る価値があると思っています。

個人的なイチオシはアイキャッチに登場してもらったシャルちゃんですが
蓮季ちゃんのいじらしさもまたかわいい。

特に蓮季ちゃんのような幼馴染キャラは報われないことが多い印象ですが
奥さんにするのなら彼女のようなタイプのほうが幸せになると思いますわ。

保有株の状況(2018年9月3週目)

七星のスバル さつき©田尾典丈・小学館/「七星のスバル」製作委員会


僕が仕事でお世話になった方も株式投資を行っています。

長い間、楽しみながらやっているようで市場に居続けるコツをきいたところ
下落時は下落時の楽しみを、上昇時は上昇時の楽しみを覚えることが
長く続ける秘訣と言っていました。

まだ僕はそこまでの領域に達してはいないなんちゃって
投資家ですが、個別株しかりインデックス投資しかり
通ずるものがあるなと胸に刻んでいます。

さて、1週目が1日しかない場合でも1週目とカウントして良いのかわかりませんが
とりあえず9月3週目時点での保有株の状況です。
2018年9月3周

相変わらず冴えないフィデアHDについては応援の意味を込めて
保有してから5年くらい経ちますが、この体たらく。

小手先のことばかりではなく、抜本的な組織の改変が必要だと思うのですが
どうでしょうか?

クラレやダイセルについては、環境問題などで力を発揮してくれる
企業だと思いますので放置しておけばこれからそれなりに伸びてくれるんじゃ?
と希望的観測を抱きながら保有していくつもりです

機会があれば追加投資したいのですが、その水準までまだまだ高いので
当分は動けなさそうです。

そういえば、クラレの株主通信に希望者全員サービスのカレンダー申込み
はがきがついてきました。

正直カレンダーはいらないですし、国内株を保有する楽しみの一つである
株主優待についてはクラレは1000株以上、ダイセルにいたってはありません。

ですので、両社とも配当金を上げてくれるのが弱小投資家の
僕にとっては嬉しいのですが。



アイキャッチ

今回のアイキャッチは「七星のスバル」から「碓氷 咲月」ちゃん

声優補正なしでいえば、本作の中で一番好きなキャラが咲月ちゃんです。
(声優補正ありならエリシアちゃん。)

彼女のような報われないヒロインというのは切なくて可愛らしくて
オッサンの胸にグッときます。

若いって素晴らしいなぁ。。なんて2次元の世界ながら羨ましくなりますね。

さて、だんだんとファンタジー色を強めてきた感が否めなく突っ込みたい部分も
ちょこちょこありますが、本作の見所はヒロイン2人の芯の強さです。

旭姫ちゃんも咲月ちゃんもそれぞれ違う強さを持っていてそれが
スバルというチームを陰日向に助けているのではないかと感じています。

そんな、彼らの絆の物語がどういう結末を迎えるのか、楽しみにしながら
しっかりと見届けていきたいと思います

保有株の状況(H30年8月2周目)

ちおちゃんの通学路 ちお©2018 川崎直孝/KADOKAWA/ちおちゃんの製作委員会


明日から楽しい夏休みですね。みなさんは予定ありますでしょうか?
僕は家に引きこもる予定です。

あれっ?いつもと同じような気が・・・

そ、それでは保有株の8月9日時点での状況です。

相変わらずのダメダメ銘柄であるフィデアHD以外はプラスとなっています。

クラレは優良企業で今後も成長の見込みは十分にあると思いますが、第二四半期決算は
悪くはないけど良くもないといった感じでしょうか?

カルゴンカーボンを買収した結果について、今結論を出すのは時期尚早と思いますが
どのくらい寄与するのかちょっと心配だったりします。

しかし、優良企業ですしこれからも成長していくと考えていますので
保有を続けていくつもりです。

ただ、最近売られすぎじゃないですかね?

ダイセルについて、決算発表後株価が上昇していましたが、それほど
評価される内容だったのかイマイチわかりません。

それよりダイセルがドイツのLomapharmという企業を買収したというニュースのほうが
気になっています。どういう企業なのか調べたいんですが、なかなか進みません

この連休中に時間を取り少しでも情報を得たいなぁ。。なんて。

今後については、とりあえず気になっている銘柄をウォッチしつつ
現金を確保していこうと考えていますのでしばらくは追加購入は
しない予定です。

さて、僕にとっての個別株投資は資産形成外に位置しており、言ってしまえば
趣味のようなものですが、偉大なる先達が著した名著を読み、少しでも何かを
吸収できればなとも思っています。

もちろん、資産形成における土台はインデックスファンドへの投資なので
そこについてはブレないようしっかりと意志をもち、資産全体を俯瞰しながら
一定の範囲内で楽しんでいきたいです。



アイキャッチ

今回のアイキャッチは「ちおちゃんの通学路」から「三谷裳 ちお」ちゃん。

特にストーリーがあるわけではなく、後でから振り返るとなんであんなのに
笑ってしまったんだろうと思いますが、視聴中は声優さんの演技と勢いで
笑わせてきます。

スタッフさんの力量が高いのはもちろん、声優の演技がめちゃくちゃ良いんでしょうね
大空 直美さんの演技だからこそちおちゃんが輝く。間違いない。

ただ、真剣にモニターに向かい合って見る番組ではないです
「考えるな、感じろ」を地でいくような感じなので。

ものすごく面白いというわけではありませんが、見ている内に癖になりそうな
スルメアニメなので、明日からの連休中に見るのも良いのではないでしょうか?

せっかくの長期連休なので頭を空っぽにしてクーラーが効いた部屋で見れば
ちおちゃんのあの雰囲気で元気をもらえるかもしれませんよ。

プロフィール

ふわわた

Author:ふわわた
永遠の中二病であるおっさんが
もがきながら資産運用をしていく
過程を記した日記みたいなもの

投資の知識がほとんどなく雑談が
多いブログですが、よかったら
お付き合いください。

声優の早見沙織さんを愛して
やまない声オタでもあります。

本ブログはリンクフリーです
また、相互リンクも募集中です。


follow

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責・注意事項など

本ブログの掲載内容は管理人の個人的見解ですので記載内容に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。 また、内容については一部身バレ防止の為フェイクをいれている記事もありますがご了承ください。またアイキャッチの 紹介の際にはアニメのネタバレを知らず知らず行ってしまう場合があります。注意ください。

アイキャッチなどについて

当ブログでアイキャッチ等に使用しているぬりぬり画像は決して著作権等の侵害を目的として使用しておりません。作品の権利者様から 申し出があった場合は、ただちに削除いたします。その際はお手数ですがメールフォーム又はコメントなどでお知らせください