FC2ブログ

2019年1月iDeCo運用状況



ドメスティックな彼女 橘 瑠衣
©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

同僚にデスクの上をゴミだらけにしている人がいます。

ジュースやコーヒーを飲んでも空き缶を何本も机に置きっぱなしにしたり
お菓子のからがゴミ箱から溢れているのに片付けようとしなかったり
見ていて本当に不愉快なんですよね。

一度耐えかねてゴミ箱を捨てたら、次もやってくれるものだと思っているのか
注意してもどこ吹く風。こういう人の自宅が一体どうなっているのか考えただけでも
寒気がしそうです。


2019年1月の運用状況(iDeCo)

今月も投資資金が引き落とされているはずのiDeCo。

1月25日時点での運用状況は以下の通り。
2019年1月iDeCo運用状況
先月と比較すると含み益は増加しており、多少は落ち着いてきたかなと思います

一方で本格的な景気後退期がきそうな感じを受けますが、専門家の間ではそこまで
いくほどではないという見方が多いようです。しかし海外企業とくに中国企業の方々と
話しているとあまりいい話はないどころか悲観的な考え方の方がそれなりの数いらっしゃいます

もちろん僕がお付き合いしている人たちだけでの話なので、中国経済を反映している意見では
ないかもしれませんが、それでも以前の強気な意見と比べると非常に弱気になっているのは
事実です。本人たちですら中国企業の株は買わないほうがいい。アメリカ企業の株を買って
おけと強くアドバイスをくれるほどですし。

ということで中国が落ち込めば当然世界的にも影響は出てくるので、プロの方たちがまだ
心配するほどじゃないと言っていたとしても本格的な景気後退期に近いうち入ることを覚悟
しておかなければと考えています。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「ドメスティックな彼女」から「橘 瑠衣」ちゃん

よく行くお店にドメカノと前作のGEがおいてあり、GEに至っては自分で
全巻購入したこともある思い入れが深い作者様のアニメということもあり
期待していた作品でもあります。

原作を読む限りではドメカノもGEも正直主要な登場人物はめんどくさい
性格ばかりなので読んでいると重く感じるのですが、それがまた人間臭くて
創作でありながらリアルさをもたせています。

しかし少年誌ではあまり見ないような作品で、どちらかというと中高生くらいの女の子が
読みそうな少女コミック系統なので2次元には夢を求めている男性視聴者の好き嫌いは
分かれそうです。

僕としては日常系やラブコメものばかりだと飽きてしまうのでこういう尖った作品も
なくてはだめだと思っていますし、原作の良さがアニメで活かされれば今期アニメで
まちがいなく良作に入るはずなので食わず嫌いをせず視聴していただきたい。

ただどうしてもアニメ本編は苦手だという人でもED曲だけは聴いてほしいです。

2018年12月iDeCoの運用状況



ダグアンドキリルのディーナ
©SUNRISE/DD PARTNERS

健康のためにゴーヤ茶を最近飲んでいますが、あまりの不味さに
挫折しそうに。。。それに飲んでいるとお腹がちょっとゆるくなっている気が。


2018年12月のiDeCo運用状況

野村證券にて毎月23,000円拠出しているiDeCo。積立ているのはいつもとおりの
「野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI」です。

12月20日時点での運用状況はというと
2018年12月のiDeCo運用状況
9月から比べるとものすごい勢いで含み益が減少しています。

新聞やテレビなどでは世界的な景気減速懸念より12月の下落率は世界恐慌以来の
80数年ぶりの急落だと報じられておりますが、調子のいいときが数年続くときもあれば
あっという間に調子が悪くなり、それがまた数年続くときも出てくるでしょう。

だからこそ悲観も楽観もせず現実を見据えながらも積立を続けていくことこそが
資産を築き上げるうえで大切なことだと信じて、減っていく含み益を見続けています。

もっとも、iDeCoも積立NISA、特定口座での損益はほんと気になりません
ただ個別株の方は目も当てられない状況なので正直こちらのほうに
気を取られているという方が正解なのかもしれませんが。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」から
言葉の無力さを感じさせるほど、万の言葉を用いても語れないほど
魅力溢れている早見沙織さんが演じている「ディーナ・デル・リオ」さん

キャラデザは好きではありませんが、ストーリーのまとめ方というか
構成の巧さにより視聴者を惹き付けるタイプの作品で今期BEST5に
入るほどの作品です。

視聴している方は感じるでしょうが、よく30分という枠できれいに
収めたなと毎回感心してしまいます。

さて、最新話では衝撃の展開でしたね。

ネタバレを防ぐために詳しいことは書きませんが、怒涛の展開と
圧倒的な情報量、初期からちょこちょこと仕込んでいたらしい伏線の
回収と色々と多すぎて30分が異様に早く過ぎ去りました。

見ていてえっ!えっ・・・えぇぇぇ・・・となるばかり

来週が待ち遠しすぎて連休を楽しむことができなさそうですわ

話は変わりますが、本作でディーナを演じている早見沙織さんの
ニュー・アルバム「JUNCTION」が19日に発売されました。

僕も当然<CD+Blu-ray盤>を購入して毎日聴いています。

早見沙織というアーティストの世界を旅する1枚となっていますので
本当におすすめしたい。

YouTubeで全曲試聴できますので、まだ購入していないもしくは早見沙織さんを
ご存じない方は一度聴いていただき、気に入ったら購入していただくとファンである
僕も嬉しいです。

2018年11月iDeCoの運用状況

ダグアンドキリル ディーナ©SUNRISE/DD PARTNERS

運用会社を変えると何回か言いつつも元来のめんどくさがりやな性格が
災いして未だに野村證券から変更していません。

このままずっと野村證券でiDeCoを続けそうな気がします。

そんなこんなで、11月24日確認時点でのiDeCo運用状況です
2018年11月iDeCo
ようやく拠出額が100万になりそうです。ここまで来ると感慨深いものがあります
もちろん通過点に過ぎませんが、預金でも100万という壁を突破したあとは
貯まるスピードが早く感じられるので、やはりひとつの区切りとして100万というのは
大きいものがあると思います。

さて僕は先進国株式に100%掛け金をぶっこんでいます。これは一番iDeCoのメリットを
活かせる投資先が先進国株式かなと軽く考えただけで特に深い意味はありません。

ですので、もし万が一にも野村證券でeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)が
ラインナップされればすぐさまそちらに切り替えます。

そんな感じで深く考えずに投資先を決めましたが、野村證券のiDeCo専用サイトに
ログインしたときにプラン別資産配分状況というのを見ました。

おそらく、野村證券でiDeCoを行っている人たち全体の比率なのでしょうが、一番多いのが
元本確保型で次に多いのはバランス型でした。

想像以上に元本確保型が多いことも驚きましたが、それよりもバランス型が20%超いたことも
驚きです。僕としてはラインナップにあるバランス型ファンドには魅力を感じなかったので・・

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は無理でしょうが、Funds-iの
バランスファンドであればラインナップに揃えられると思うのですが・・・

いろんな大人の事情がなるのかもしれませんが、検討してほしいものです。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」から
僕が愛してやまない女神すら霞む歌声と高い演技力をもち、ラジオでは
ちょいちょいおちゃめなところも見せる、声優としても歌手としてもそして
人間としても素晴らしい早見沙織さんが演じている「ディーナ」さん

早見沙織さんのファンとして、彼女が出演される作品は駄作であろうとなんであろうと
チェックをするのですが、本作も早見沙織さんが出演されるということだけで見始め
特に期待していませんでした。

それなのに、思ったよりストーリーをまとめるのが上手く、30分があっという間に
感じられるほど完成度が高い作品です。

シリアスとギャグのバランスもよく、キャラもそれぞれ立っておりさり気なく
伏線を張っている(と僕は感じています)など濃密でありながらクドくない
まさにお手本のようなアニメではないでしょうか?

キャラデザで好き嫌いは分かれるかもしれませんが、3話くらいまで見れば
きっとその面白さにハマるはず。きゃわいい女の子がキャピキャピ(死語ですか?)
している作品が好きな僕も引き込まれてしまうほどなのでぜひともご視聴ください。

まぁ。。。勝手な想像ですが日本人より海外のアニメファンのほうが好きになりそうな
ノリではありますが

2018年10月のiDeCo運用状況

やがて君になる 七海燈子©2018 仲谷 鳰/KADOKAWA/やがて君になる製作委員会

糖質制限と高強度インターバルトレーニングや1時間のウォーキングなど
食事制限と運動をおこなっているおかげで心なしか体がスラッとしてきた
ように思えます。健康寿命を延ばすためにも続けていきたいですね。

さて、10月のiDeCo運用状況です。
2018年10月iDeCo
課税口座やNISA口座での保有銘柄と同じく先月より下がっていますがこういう
積立投資を行っているとある程度の下げは慣れてくるといいますか受け入れていると
いいますかなんにせよ心が乱れることがないのでいろんな意味で慣れてきたなと感じます。

もちろん、まだプラスであることと自分のリスク許容度の範囲だからでしょうけど。

また、同じようにコツコツと積立をしている人のブログを拝見すると励みになり
自分も心惑わされず頑張るぞという気持ちにもなりますし勉強にもなります。
また勝手ながら仲間意識が芽生え下落場面でも心強く感じます。

ですので、投資という孤独な戦いでありながらある種の余裕を持てるのは
コツコツ投資家のブロガー様を始め様々な手法で投資を行い、それを
ブログという媒体で公開している方々のおかげもあると思っています。

ほんと有り難いというか助けられていますわ。

話は変わりますが、各証券会社でiDeCoの商品が拡充されたり
auが新たに参入したりと環境が目まぐるしく変わってきています。

ですので野村證券にてiDeCoを行っている僕としては野村證券にももう少し
商品について考えていただき、他の証券会社に負けないような魅力を
つくってほしいと思います。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「やがて君になる」から「七海 燈子」ちゃん

本作はいわゆるユリとよばれる女性同士での恋愛を描いた作品です。

最近はゆるふわな百合ものが多くなっていたような印象がありますが
少女たちの心の葛藤を描いた若干重めな作品です。

また、特徴として珍しく舞台が共学なので当然男性もいます。

女性しか居ない環境とは違い男性もそれなりにいる青春時代に侑ちゃんが
どのようにして燈子ちゃんに惹かれていくのかというところにも注目すると
この作品をもっと楽しめるかもしれませんね。

僕自身も3話までみて、盛り上がりに欠ける部分はありますがその分
丁寧にヒロインたちの心情を描こうとしているのが伝わってきますので
いい作品だと思っています。

ただ、丁寧に描こうとすればするだけやはり演出が難しくなるでしょうから
今後面白くなっていくかどうか、スタッフの力量が問われる作品でもあります。

きっといい作品にしてくれるであろうと期待してこれからも視聴を続けていきます。

2018年9月のiDeCo運用状況

ぐらんぶる ちさちゃん©井上堅二・吉岡公威・講談社/ぐらんぶる製作委員会

アーランドの錬金術師シリーズをプレイしているせいで寝不足になっている僕ですが
やはりガストのアトリエシリーズは名作揃いだと思いますわ。

初代PSで発売された頃からのファンで、話し出すと止まらないので
とりあえず未プレイの方はご購入を。

さて、2018年9月のiDeCo運用状況です。

2018年9月iDeCo
僕がiDeCoを開始し数年経ちましたが、始めるときは誰も興味を持っていなかったのが
雑誌やらなんやらでiDeCoを耳にした同僚が数人iDeCoについて情報収集しているようです。

ただ、メリットばかりに目がいってデメリットを軽視しているような印象があります。

金融機関で購入する金融商品と違って、簡単にはやめられないこの制度。
しっかりとデメリットを噛み砕き理解した上で加入してもらいたいですね。

加入しておいてなんですが個人的には、iDeCoで月2.3万を積み立てるより
特定口座で低コストのインデックス型バランスファンドを同じ金額分購入したほうがいいと
思っていますけど。。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「ぐらんぶる」から「古手川 千紗」ちゃん。

自己主張が激しい押しの強いギャグアニメですが、何度も書いている通り
僕にはドンピシャな本作。

ただ30分に色々と詰め込みすぎてテンポが悪くなっていること、本筋の中に生まれる
笑いがギャグのためにストーリーを作っている印象を受けるので、原作ファンの方の中には
アニメの評価が低くなってしまう人もいそうです

また、主役の内田雄馬くんと安済知佳さんの演技については好き嫌いというか評価が
分かれるところでもあります。

僕自身、安済知佳さんのファンですしこういう現実世界を舞台にした作品ではアニメ的な演技
というか舞台的な演技というか。。そういう演技よりナチュラルでフラットなほうが
合うのではと考えているのでマイナスの評価になるものではありません。

結局は他の作品にも言えることですが好きなら見ればいいし嫌いなら
見なきゃいいとなるんですけどね。


プロフィール

ふわわた

Author:ふわわた
永遠の中二病であるおっさんが
もがきながら資産運用をしていく
過程を記した日記みたいなもの

投資の知識がほとんどなく雑談が
多いブログですが、よかったら
お付き合いください。

声優の早見沙織さんを愛して
やまない声オタでもあります。

本ブログはリンクフリーです
また、相互リンクも募集中です。


follow

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責・注意事項など

本ブログの掲載内容は管理人の個人的見解ですので記載内容に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。 また、内容については一部身バレ防止の為フェイクをいれている記事もありますがご了承ください。またアイキャッチの 紹介の際にはアニメのネタバレを知らず知らず行ってしまう場合があります。注意ください。

アイキャッチなどについて

当ブログでアイキャッチ等に使用しているぬりぬり画像は決して著作権等の侵害を目的として使用しておりません。作品の権利者様から 申し出があった場合は、ただちに削除いたします。その際はお手数ですがメールフォーム又はコメントなどでお知らせください