投資やお金のこと全般

効率と非効率のはざまで

0 0
オーバーロード ラナー© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会


個別株の投資でブイブイ言わせることができる能力のない僕にとっては
低コストのインデックスファンドへの投資が資産形成におけるベターな
選択肢であると始めたときから今でもそう考えています。

ですので今であればSlimシリーズを買っていくのが効率的だと
思いますが、それでも個別株への投資がやめられません。

使った時間に見合うような成果を得ることは今の所出来ていませんし
できるとも思ってはいません

けどやっぱり楽しんですよね。

どういう企業があるのか調べ、気になった企業の業績を過去数年分
チェックし、現在の株価で購入するかどうか判断する。

この過程が好きですし気分転換にもなっています。

多額の資金があるわけでもありませんし、メインはインデックス投資なので
個別株への投資に使うお金は決まっています

どんなに資産が増えてもこのお金(予算)を増やすつもりもなく、本当に
趣味の範囲で投資を楽しむつもりです。

非効率な行動だと思いますが、こちらに熱中というか集中しているおかげで
インデックス投資をコツコツと続けていくことが出来ているのかもと感じています。

人間はどんなに自分を律していても、100%効率的には動けないものだと思います
だからこそ非効率な行動を認め、受け入れ、そして制御するのがひいては効率さを
損なわない秘訣ではないのだろうか?

なんて損はしていませんが、大して利益を出していない個別株への
投資について一生懸命に自己弁護してみました(笑)


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「オーバーロードIII」から「ラナー王女」です

やっぱり今期で突出している作品は?と聞かれるとこの作品を
答えるほかないくらい1期から続いて安定したできとなっています。

3期以上放送した作品でここまで安定した出来なのは最近では
鬼灯の冷徹くらいです。

少し昔のアニメで言えば、ARIAシリーズかみなみけシリーズくらいでしょうか

日常系アニメやコメディ系は多少1話ごとの作品の質が上下してもオムニバス形式が
そういう部分をフォローし、それほど気になったりしませんが、オーバーロードのような
作品はそうはいきません。

作品の質を一定以上にしないと見る気が失せてしまいます。

このように考えている僕としては本作は十分以上の出来で、原作の良さも
あるのでしょうがそれをまとめる制作陣の力量の高さに脱帽します。

惜しむらくはおそらくですけども、原作小説が完結するまでアニメ化するわけでは
ないと思いますのでオリジナルエンドから俺たちの戦いはこれからだ!みたいに
終わるのではということです。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply