日常的なアレコレ

ふぇぇ・・クレーマーが怖いよ。

0 0
音楽少女 羽織ちゃん©音楽少女製作委員会


先日、有給をとって郵便局に行ってきました。

目的はゆうちょ銀行の口座を開設することなんですが
そのときにちょっとしたクレーマーとの遭遇。

もっとも、僕がいるときにクレームをつけたわけではなく、局員に差し入れなのかな?が
はいったスーパーの袋を渡しながらあのときはむしゃくしゃして怒鳴って悪かったと
謝っていたところに出くわしたんですけどね。

その方が帰られたときに僕の相手をしてくれていた人に大変ですねと
声をかけたら、それなりにトラブルというかクレームをつけてくる人らしく
近所でも指折り?の困ったさんのようです。

詳しい内容はわかりませんし、局員の方の視点なので公平性にはかけますが
聞いた限りではまさにイチャモンとしか言えない内容ばかり。

僕は接客業ではないのでクレーマーと会うことはまずありませんが、小心者ですので
もし、クレームをつけられたらいい年してマジ泣きしてしまいそう。。

僕自身は店員さんなどに特に偉そうにしているわけではなく、感謝の言葉を今までも
伝えるようにしてきましたが、もう少し接客業に従事ている方に優しく接しようと
心に決めた1日でした。

それにしても、些細なことで怒鳴り込む人ってほんと怖いわ・・・


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「音楽少女」から「迎羽織」ちゃん

イマイチ話題に上がらないような気がする本作ですが、かくいう僕も期待を
していなかったのですが、不思議と今まで視聴を続けてきました。

12人もヒロインと言うかメインキャラがいるので名前をなかなか覚えられませんが
あまり問題ありませんし、若干シリアスになるときもありますが基本的にはアイドルの
女の子たちの可愛さを堪能するだけの作品です。

本編はそれぞれのヒロインにスポットを当てたオムニバス形式っぽいストーリー構成です
途中でスキャンダルによる解散云々のためにライブで1万人の観客を集めるというのが物語の
軸というか目的になりますが、この展開は必要なのか?と疑問を感じました。

多少のシリアスはメリハリのため必要なのでしょうが。組み合わせ方があまり
上手ではないなと素人ながらみていて感じてしまうくらい粗が目立ちます。

そのせいか、ストーリーにぶつ切り感が生まれ、視聴中の集中を阻害する
要素になってしまっています。

もう少しストーリーを丁寧に構成してくれていたら良作とまではいかなくても
60点くらいはつけられたかもしれません。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply