投資信託

2018年12月の積立報告と運用状況(課税口座)

0 0


©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ

年末恒例の駆け込み発注に加え、客先の図面出図遅れによる
工程のズレが発生しデスマーチ気味になっている我が社。

帰宅時間がいつもは寝ている時間になってしまうので最近は
寝不足気味となっています。

2018年12月の積立と運用状況

とうとう特定口座での積立が今年最後になってしまいました。

積立している商品は変わらず、資産配分が美しい
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)です。

先週から引き続き週明けも株価が大幅下落して始まった今週。
世界経済減速への懸念から世界的に株安が広がっているようです。

しかしこのような環境であればこそ、しっかりと積立を続けていくことが
多額の資金も才能もない僕のようなタイプは大切なのだと思います。

もっとも-30%や-40%というところまで落ちたことがありませんので
想定していたとしてもおきるであろう精神的な動揺を鎮め、感情的にならず
理性的に行動できるか不安っちゃ不安ですけど。

今できることは過剰なリスクをとっていないか常に心を配りながら
信念(信仰心)を持ち続けることだけなのかもしれません。

さて、前置きが長くなりましたが12月17日時点での運用状況です。
2018年12月特定口座-min保有しているだけになっているEXE-iと全海外株インデックスファンドは評価損益が
5%程度になったら売却しeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)へと
再投資していきたいと思います。

合わせて趣味で行っている個別株投資で得た配当金なども漏らさずに
投資へまわしていきます。

少しでも多くの資金を長い期間投資することが大輪の花を咲かせることに
つながることと信じて、来年もしっかり積立を続けていきます。。。いければいいな。。


アイキャッチ

今回のアイキャッチは「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」から
「ジャンヌ・ダルク」ちゃん

最初の数話は萌え要素をちらつかせながらもそれなりに見れる戦記ファンタジーかと
おもいきや、最新話でクリーチャーがモンモランシと同化するという超展開。

萌え要素がありながらも、百年戦争をモデルにした戦記ファンタジーを期待していた
僕としては正直がっかりです。

それに今期は多彩かつクオリティが平均以上だと感じる作品が多いので、なおさら
本作の中途半端さというかストーリー面での作り込みの甘さを感じてしまいます。

これは原作がこういう作風なのかアニメ化にあたっての構成がいまいちなのかは
わかりませんけど。

唯一個人的に高評価なのは渕上舞さんが歌われているOPでしょうか?
可愛らしい声とかっこいい曲の組合せがそれぞれの良さを引き立たせて
耳に残る良曲になっています。

現時点の評価としては60点。もう少し頑張りましょうといったところかな

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply